Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

TX500メンテナンス 其の5

走り始めてエンジンが温まってくると不調になってくる事が分かったので調べてみた所、原因はイグニッションコイル、ハイテンションコードの老化で、熱くなると火の飛びが弱くなるという症状でした。

早速部品を取り寄せ、プラグキャップ、イグニッションコイル、ハイテンションコードを交換しました。

012_R_20121101213616.jpg

ジェットニードルの磨耗で1/4開度付近で息を付くような症状が出ていたので、キースターのキットに入っているニードルを数本試し、一番調子が出るものを使用しました。

本来ならばニードルジェットも同様に磨耗する為部品が欲しい所なのですが、当然欠品の為スロージェットとの兼ね合いを見ながらスムーズに加速するようセッティングしました。

原因が分かってから調子が出るまでに、何度も何度も試乗しては分解し、試乗しては分解の繰り返しで、納得のいく所までは時間が掛かりました。

002_R_20121101215338.jpg

完成して無事納車したのですが写真を撮り忘れてしまいました。

オーナーも乗った後に以前との違いにびっくりしてくれました。

ありがとうございました。その1週間後位に、シリンダーヘッドカバーの新品を手に入れたとの事なので、また後日ですね♪


あと、ずっと保管していたシリンダーのフィン修正をしました。

オイルクーラー配管にサーモスタットを付けている状態で転倒し、フィンを押して割れてしまった所なので大部分が欠けてしまっていました。

before
001_R_20121101213808.jpg
002_R_20121101213814.jpg

after
003_R_20121101213821.jpg
004_R_20121101213826.jpg

1000J系のシリンダーはフィンがわりと細いので、少しずつ盛っては削りの繰り返しと、あと枚数も多かった為時間が掛かりましたが、綺麗に仕上がりました。

黒塗装をすればほとんど分からない位になりました。

いつかもう一度1100Rのエンジンを組みなおす時に使いたいと思います★

スポンサーサイト


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
594位
アクセスランキングを見る>>