Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: メンテナンス  

TXエンジンオーバーホール其の2

先日無事に納車されたK-1から

036_R.jpg

久しぶりにK1に乗るという事で少し緊張されていましたが、無事に納車することが出来て良かったです。

この数日後に早速仕事帰りに乗って来てくれ、「やっぱりK1はいいねぇ。」とつぶやいていました。

これからまた、オーリンズリアサスの加工など新たな提案もあったので、楽しみですね。

バイク趣味に終わりはありませんねぇ。。ニヤリ


話しは変わってTXのエンジンの続きをやりたいと思います。

まず、エンジンはバランサー調整が出来る2型の物をベースにしました。

このエンジンも腰上を分解し、元々のエンジンの部品も使い、いいとこ取りをして2こ1のエンジンを組むことになりました。

このベースエンジンも長期不動だったであろう痕跡が見えたため、シリンダー等の状態も特別良い状態ではなく今回も輸出車用のオーバーサイズピストンを使用する事にしました。

035_R_20120822234103.jpg

作業工程に問題は無かったのですが、アメリカから取り寄せたピストンリングセットのトップリングが抜けていたり、シリンダーヘッドのバルブが他社種用であろう物が付いていたりと、度々手が止まってしまい、予想より時間が掛かってしました。

なので何度か部品をオーナー様に取り寄せなおしてもらって急ピッチで作業を進めていきました。

032_R.jpg

いつものように規定トルクになるまで3回に分けて順番に締めていきます。

031_R_20120822234204.jpg

前回TXエンジンを組んでから日が浅かったのと、4気筒エンジンに比べ部品点数も少なかった為あっという間にシリンダーヘッドが載り、カムシャフト、ロッカーアーム等を組み付け、腰上はほぼ完成です。

次にクラッチケースカバーに元々のエンジンの物を使用したいとの事でクラッチケースカバーを分解しました。

023_R_20120822234500.jpg

長期不動車は油膜が切れ、クラッチプレートが錆で張り付くことがよくあるため、ついでにクラッチも分解し確認し、問題が無かったためエンジンオイルをたっぷり塗り、再度組み立てました。

そしてカバーを組みつけようとケースにはめて見たところ、一箇所だけボルトの位置が微妙に違うことに気付き、カバーを元々の物を使用することになりました。

パーツリストにも載っていなかったので違いに気が付きませんでした。このような所に変更があったので、もしかして他にも変わっているところがあるのかも、と不安になってきました。


其の3に続く・・・
スポンサーサイト


04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03   05

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
384位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。