Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: メンテナンス  

BMWK-1のメンテナンス其の2

本国オーダーの部品もあり、すっかり止まっていたK-1のメンテナンスがある程度揃ったので、そろそろ始めたいと思います。

001_R.jpg

まずはクラッチから、ドライブシャフト、デフ、トランスミッションなどをどんどんバラしていきます。

002_R.jpg

ここまで分解してやっとクラッチが出てきました。

トランスミッションを外すと、センタースタンドが無くなってしまう為、大型のジャッキでオイルパンを支えます。

不安定にならない用に、フレームのセンターパイプにしっかりタイダウンを掛け、固定します。

パッと見ただけでも、大分焼けているのが分かります。

ハウジングカバーの位置決めのピンが大分固着しており、あの手この手を使ってやっと外す事が出来ました。

004_R.jpg
写真の通り、ダストでケース内も真っ黒です。

005_R.jpg
006_R.jpg
008_R.jpg

新品の部品と見比べても分かるとおり、表面が焼けています。

スプリングの中央にあるカシメのピンも、大分削れています。

クラッチプレートは、写真で見て分かる通り、磨耗していました。

009_R.jpg

クラッチケース内もせっかくなので、綺麗にしました。

010_R.jpg

クラッチプレートを組み込み、おおまかにセンターを出し、一度トランスミッションを仮組みします。

センターが出た所でもう一度トランスミッションを下ろし、ハウジングカバーの6本のボルトを規定トルクまで締めます。

これでクラッチの滑りも無くなり、気持ちよく載れるオートバイになります。

国産車と違い、BMWのクラッチの整備は重整備になりますね。

これから、ブレーキのオーバーホール等まだまだやる事があります。

次回に続く!


スポンサーサイト


11-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10   12

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1285位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
589位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。