Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: カスタム  

GPZ900R

先日お預かりしたニンジャを載せていきます。

まず今回のメインであるTMRキャブレターの交換をしました。オーナー様の希望でハイスロットルキットやハンドルスイッチを変えたくないという意向で純正のスイッチを使ってスロットルスリーブだけを交換しました。これの方が過剰に開度が狭くならずより扱いやすくなると思います。

純正の物よりロングのスロットルワイヤーが付いていたので、純正に戻し、取り回しを変更しました。

DSCF5145_R.jpg

キャッチタンクはTG中川製を使用しました。付属で付いてくるホースがよくある半透明のビニールホースだったので、それを黒の耐油ホースに変更しました。

DSCF5136_R.jpg

フューエルコックは純正の負圧式が使えるようにしました。あとガソリンタンクの裏やサイドカバーの裏にスポンジが貼るってあるのですが吹き返した時などにスポンジに引火する可能性がある為(過去にそういうバイクを見た事があります)すべて剥しました。年数が経っているため中々剥すのに時間が掛かりました。
ついでに普段掃除しないであろうガソリンタンクの裏側も綺麗に洗いました。

DSCF5134_R.jpg

DSCF5143_R.jpg

次にリヤサスのリンクの分解グリスアップをしました。交換の必要があればニードルベアリングを替えるつもりでしたがその必要は無さそうだったので、古いグリスを洗浄し、再度グリスアップしました。

DSCF5137_R.jpg

DSCF5138_R.jpg

オーリンズのリアサスなどを使用する時、純正のボルトだとナットの半分位しか締められなくなり、当然ロックナットも機能しなくなる為危険なので、ボルトも交換しました。ただこの箇所は荷重がものすごく掛かる場所なので安易にステンレスボルト等に変更してしまうと最悪の場合折れる事もあるので、純正のボルト同等の物を使用しました。これでしっかりロックナットが掛かるようになりました。

DSCF5139_R.jpg

DSCF5140_R.jpg

あとは前後スプロケットとドライブチェーンも交換しました。

DSCF5141_R.jpg

セッティングも終わり、洗車をして水を飛ばしていた所、突然ファンが回りだし止まらなくなってしまいました。エンジンを掛けていないので当然冷えている状態でです。調べていくとアッパーカウル左脇にあるファンリレーが逆さまに付いており、油温計の電源をファンリレーの電源から取ってあり配線が届かなくなったのか、逆に付けてしまっていたようです。最後にリレーを交換して完成となりました。納車前にこの症状が出てくれて良かったです。

DSCF5146_R.jpg

無事完成です!

DSCF5144_R.jpg
スポンサーサイト


04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03   05

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
835位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
384位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。