Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

Z1100R メンテナンス 其の2

クラッチハウジングを外してみた所、やはりダンパーのガタが手の力で大きく動いてしまう位だったので、ハウジングは交換する事にしました。ここにガタがあるとエンジンからの異音も、伝わってくる振動も大きくなるのでそういう症状がある場合は純正部品がまだ出るので早めの交換をお勧めします。

DSCF5097_R.jpg

装着後
DSCF5099_R.jpg

次にオイルパンも分解してみると、オイルポンプのストレーナーが隙間が無くなるほど目詰まりしていました。

DSCF5086_R.jpg

DSCF5085_R_20160702222034a96.jpg

オイルパンの底も画像の通りヘドロが溜まっていたのでしっかり洗浄しました。オイルポンプを外してみた所、Oリングを表と裏が逆に組み付けてあり、完全に潰れてしまっていたので、新品部品を正しい方向に組み付けました。これと同等の物がクランクケースの合わせの部分にも使われているので少し不安が残りますが今回は予算の都合上見送る事になりました。

分解直後の状態
DSCF5087_R.jpg

洗浄後
DSCF5101_R.jpg

DSCF5102_R_201607022231541bc.jpg

いよいよ車体にエンジンを載せます。分解時に気が付いていたのですがフロントエンジンマウントにU字型のスペーサーが入るのですが、このバイクにはそれが無い状態でボルトが締まっていた為、エンジンハンガーが少し歪んでしまっていたのを修正して、U字型のスペーサーを付けました。

DSCF5103_R.jpg

DSCF5104_R.jpg

これでやっと本題のCRキャブレターの取付けに入ります。

今回オーナー様の要望でスロットルホルダーにアルミの削りだしを使うのはちょっと違うとの事で、時代感の合う部品を使用しました。ワイヤーの角度が絶妙で1100Rのアッパーカウルにも無理なく付ける事が出来ました。

DSCF5127_R.jpg

右のハンドルスイッチも社外品を使いたくはなかったので、純正部品を加工流用しました。

CRのセットアップもしっかり決まり、完成です!

DSCF5128_R.jpg

今回も予想外の事が色々あり、予定より時間が掛かりましたがオーナー様にも喜んでもらえて安心しました。

これでZ1100Rの本来の走りが出来るのではないかと思います。

DSCF5130_R.jpg

有難うございました!!
スポンサーサイト


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
594位
アクセスランキングを見る>>