Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

GT380 レストア

ハヤト君の紹介でうちに入庫したGT380ですが根本的に調子が悪く、本来付いていなければならない部品が多々無いのでしっかり走れるようにと修理依頼を受けました。

幸いエンジンの圧縮はあり、問題は無さそうなので(今の所は)まず電装を調べてみた所、過去に施した修理の仕方が悪く、途中から配線をついであったり電源を取る結線も訳が分からない事になっていたので、これ以上やっても無駄だと判断し、すべてを一新する事にしました。
DSCF5017_R_2016042611505312a.jpg

DSCF5018_R_201604261150554d8.jpg

メインハーネスは初期型の物が欠品だったので後期型の物を加工して流用しました。部品として出なかったステーターコイルの配線は写真のように焼けて被膜も無くなっている状態だったので、配線の色を合わせて作り直しました。

併せてポイントの配線とイグニッションコイルからの配線も制作しました。

DSCF5032_R_2016042611504923c.jpg

スピードメーターが40km付近から,内部からの音が出ていたのでオーナー様に相談した所、ヤフオクで新品のデッドストックが出ているのを見付けて迷わず購入する事になりました。値段を聞いてびっくりしましたが、普段目に入るところなのでここだけでバイク全体の印象がかなり変わりました。

DSCF5067_R_20160426132901931.jpg

ハンドルは入庫時かなりワイルドな物が付いており、これはマズイという事でオーナー様の希望によりトマゼリのコンドルハンドルにしました。前のハンドルに合わせてすべてのワイヤーがロングになっていたのでワイヤー関係も一新しました。フロントのブレーキホースは車体に合わせて制作しました。

DSCF5016_R_2016042611505217c.jpg

チェーンケースが付いていなかったので付けて欲しいと言われ、後期型の物を流用しました。ホイールがビートのキャストホイールになっていてそのまま付ける事が出来なかったので、鑑賞する部分を切り取る事にしました。写真のように大まかにマーカーで線を引き、その部分を切り取り、角を丸くして錆防止の為に銀のラッカーで塗りました。もちろんチェーンを後ろに引いた時の事も考え、少し大きめに落としました。

スプロケットやチェーン、ハブダンパー、ベアリングなどもすべて一新しました。

DSCF5019_R_20160426115245e69.jpg

次回に続く
スポンサーサイト


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
594位
アクセスランキングを見る>>