Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

Z1-RⅡ 改良その2

前回の修理からすぐ、スタータークラッチが完全に滑りエンジンが掛からなくなってしまったとの事で、早速ダイナモカバーを外し分解してみると、3本あるボルトがすべて折れていました。

DSCF5039_R.jpg

スタータークラッチ本体がリングギアに擦れてしまい、殆どのパーツがダメになってしまっていました。しかし、マグネットローターは純正部品も欠品で中古品でも驚くような値段なので何とか再生する事にしました。

まずは折れたボルトの除去です。エクストラクターを使い外す事が出来ました。が、取付け座面がボルトが折れた際に肉が寄ってしまい盛り上がってしまっていました。オイルストーンで面が出るまでひたすら擦りました。

外した状態
DSCF5038_R_201604051115054f7.jpg

DSCF5044_R.jpg

修正した後
DSCF5047_R_20160405111625ee4.jpg

スタータークラッチも無事終わり、次はポイントベースカバーからのオイル漏れが以前から気になっていたとの事で、分解するとベースカバーガスケットの向きが、左右逆に付いていました・・・

DSCF5045_R_201604051116221b8.jpg

そんな事より、とんでもない事が起こっていました!アドバンサーの位置決めピンが折れたらしく、細いピンに変わってしまっていました。

DSCF5046_R_20160405111624c3d.jpg

予想ですが転倒などでピンごと破断してしまい、抜けなくなって細い穴をあけたのでしょう。これでは点火時期がくるってしまいます。まずは折れたものを撤去するために穴を少し拡大してM3のタップを切り、ネジを掛けて外す事にしました。途中タップが折れるなどの問題もありましたが無事除去出来ました。

あとはドライブチェーンも530化しました、ドリブンスプロケットはうちにあったマグタン用の物を使用しました。本人の希望でゴールドチェーンにしました。

DSCF5051_R.jpg

サイレンサーも出来るだけ上に上げたいとの事で、ステーを加工してフレームギリギリまで上げました。

DSCF5053_R.jpg

ハンドルも以前変えたのですが私の秘蔵品のK&Nのスーパーバイクバーを付けました。いつか自分のに付けようと思ってたのにな。。。

DSCF5048_R.jpg


キャブレターも以前はTM36が付いていたのですが修理する事が困難な状態だったので、TMR36にしました。スピゴットやファンネルは黒アルマイト加工しました。

DSCF5049_R.jpg

シートもFRPのベースを利用してS1風に制作してもらいました。

DSCF5050_R.jpg


色々な事がありましたが完成です。納車後、チョイ乗りのつもりが箱根まで行ってしまったとの事で、調子が良くなったのを喜んでくれていました。いずれフレームの加工やエンジンのチューニングもしたいと言っているので、先が楽しみなバイクです。

スポンサーサイト


05-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04   06

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1969位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
890位
アクセスランキングを見る>>