Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

Z1 予定外のエンジンO/Hその4

腰上も終った所でスタータークラッチやダイナモを組んでいきます。

まずはワンウェイクラッチを分解してローラーとスプリングを交換します。

今までスターターが滑っていなくてもエンジンの調子が回復すると滑ってしまう事がある為、ここは必ずチェックしてから組み付けます。

043_R.jpg

マグネットローターを止めるボルトもZ1系では8ミリと細く、ボルトが老化していると規定トルクになる前に折れてしまう事がある為ここはビト―さんが出しているハイテンションボルトに交換する事をおすすめしています。

044_R_201505221515360ed.jpg

そしてZの泣き所であるダイナモ配線からのオイル漏れもしっかり対策をしてから組み付けます。

045_R_20150522151537d06.jpg

次はトランスミッションカバーを組み付けます。ギヤチェンジレバーの摩耗状態なども点検し、問題が無かったので、リターンスプリング等は新品に交換して組みました。

シフトドラムのニュートラルプレートは後期のZ系の物を流用します。

042_R_20150522151533599.jpg

あと写真には撮っていませんがクラッチ板ももちろん交換し、クラッチレリーズも分解してグリスアップしました。

034_R_20150418154041e21.jpg

エンジンが組み終った所でキャブレターも分解、洗浄していきます。

046_R.jpg

047_R.jpg

そしてメインハーネスも今回一新する事にしました。疑問に感じるような配線加工などもされていたので、その修理も含めて綺麗に引き直しました。

002_R_20150606201927015.jpg

フロントのブレーキキャリパーをロッキードに交換しました。

003_R_2015060620192824f.jpg

ドライブチェーンも530コンバートをしてドリブンスプロケットも耐久性や外観を考慮して、スチール製を使いました。

006_R_2015060620194543a.jpg

キャブレターのファンネルも今までは付属で付いてくる赤い樹脂のファンネルを使っていたのですが、アルミのネット付きの物に交換しました。ちょっとした事ですが、質感が大分変わります。

001_R_2015060620192674b.jpg

そして完成です!

005_R_2015060620193141f.jpg

004_R_20150606201930cd2.jpg

エンジンも静かになった事にオーナーも喜んでくれました。

これからZを楽しんで下さい!またふらっと寄って下さいね。

ありがとうございました!!



スポンサーサイト


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
633位
アクセスランキングを見る>>