Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

MK-Ⅱ 整備2

先日の続きです。

キャブレターも全分解し、ヒューエルのTジョイント部分なども交換しました。フロートもこの状態で油面を合わせ、ガソリンを入れた後搭載状態での油面も合わせます。

チャンバーガスケットはゴム製の対策品に交換しました。

DSCF2736_R_2015021715084164c.jpg

リアの足回りを全分解し、スイングアーム、バッテリーケース、トルクロッド、リアブレーキキャりパー等をガンコート塗装してもらいました。純正同等の色合い(艶を抑えた黒)になるように調整してもらいました。

コ―ションラベルなども綺麗に剥がし、再使用しました。こういう所も見る人は見るんですよね。

DSCF2739_R.jpg

リアブレーキはマスターも全分解してインナーキットを交換し、完全にO/Hしました。古くなったブレーキパッドも交換しています。

DSCF2737_R.jpg

DSCF2738_R.jpg

写真が無いのですが、スイングアームのピボットベアリングも塗装前に抜いてしまう為、新しいベアリングにしています。

DSCF2746_R.jpg

DSCF2744_R.jpg

次にフロント周りを全分解し、フロントフォークのO/H、フロントブレーキのO/H、ステムベアリングの打ち換えをしました。

DSCF2742_R.jpg

ステムベアリングもテーパーローラーではなく、純正のボールベアリングを使用しました。

フロントフォークはインナーチューブの状態が錆も無く良好だったので、再利用し、オイルシール、ダストシール等はすべて交換しました。フォークオイルも当店ではATFで代用せず、必ず専用のオイルを使用しています。

DSCF2753_R.jpg

DSCF2740_R_20150217154706729.jpg

フロントブレーキキャりパー、マスターもインナーキットを取り、O/Hしました。

ホイールベアリングも交換し、ディスクローターの面が、フォークオイルが焼き付いて黒ずんでいたので、面研してもらいました。新品のようになり、足回りがグッと引き締まりました。

外装は、うちに来た当初は金ラインのクリアが浮いてボロボロになっていた為、ガソリンタンクとテールカウルを塗り直す事にしました。タンク内部もうっすら錆が出ていた為、錆取り後WAKO’Sのタンクライナーを2層掛けしました。これも慣れていないとまだらになってしまったり、部分的にライナーが付かない場所が出来てしまうなど意外と難しいです。

DSCF2751_R.jpg

エンジンカバーのバフ掛けは予算の都合上、うちでやる事にしました。やり始めたら完全にハマってしまい、1日中磨いていたと思います。あくまで純正の光沢感を大事にしました。いつもノーブレストの菊池さんにお願いしているので、たまに自分でやってみると大変さがよく分かります。やっぱり餅は餅屋ですね。

DSCF2745_R_20150217160122730.jpg

DSCF2748_R_20150217160124888.jpg


これ以外にも多数手を加えていますが、しっかり走る為の整備をしたので、旧車などと臆せずに楽しめる車両になったと思います。

詳しくはHP上の販売車両ページをご覧になってみて下さい。気になる所があれが、お気軽にお問い合わせ下さい。

スポンサーサイト


07-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06   08

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1368位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
637位
アクセスランキングを見る>>