Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

Z750GPスタータークラッチ

今回はZ750GPのスタータークラッチ交換を載せていきたいとおもいます。

032_R_20130630182756.jpg

ザッパー系のエンジンはゼファー750のエンジンと同じ系統なので、対策された部品を使用する事を勧めています。

特にエンジンチューニングなどを施し、圧縮が上がった場合、まず不具合が出るのがスタータークラッチだと言っても良いと思います。

そこでオーナー様と相談をして今回は対策パーツを使用する事にしました。

床に並べてみると、結構な部品点数です。

036_R_20130630182957.jpg

オイルパン、クラッチ等を完全に分解します。そしてクランクシャフト後部のシャフトを引き抜き、スタータークラッチをエンジンから分離します。

037_R.jpg


ここで旧型の物と新型の物を写真で比較すると分かりやすいのですが、旧型の物はローラーが3つなのに対し、対策パーツはベアリングのように隙間無く全周にローラーが入っています。

034_R_20130630182927.jpg

スタータークラッチを取り付ける際は必ずネジロック剤を塗り、トルクレンチで対角線上に規定トルクを掛けていきます。

040_R.jpg

あとは順番通りに組んでいくのですがオイルパンの汚れが気になったので、綺麗に洗浄して組み付けました。

042_R.jpg

既存の物を使用するよりも部品点数が増え修理代もかさむのですが、耐久性等を考えるとやはりこのような部品を使う事で余計なメンテナンスサイクルを減らし、長く乗り続ける事が出来るのだと思います。(メーカーが作ったパーツですから安心ですしね)


次回は同じく750GPのフューエルゲージの加工修理編です。



スポンサーサイト


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
633位
アクセスランキングを見る>>