Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

RD250エンジンオーバーホール 其の2

オーナーがアメリカから新品のシリンダー、ピストン、シリンダーヘッド等を取り寄せたので、腰上のパーツをすべて新品で組む事になりました。

オーバーサイズピストンを使えば費用も安く済むからと提案したのですが、スタンダードでなければダメだというオーナーのこだわりで新品のシリンダーを使用する事になったのですが、見付かるものなんですねぇ。

ピストンをセットして
105_R.jpg

109_R.jpg

シリンダーを片方ずつ組みます。

左右同時に入れなくても良い為単気筒エンジンのような感覚で組めるので、昔の2サイクルエンジンは整備性が良いです。

ヘッドガスケット、シリンダーヘッドを載せ、腰上は完成です。

次に古いバイクではお約束のドライブスプロケットオイルシール、ニュートラルスイッチからのオイル漏れも直します。

111_R.jpg

112_R.jpg

次に反対側クラッチ板の交換も行いました。

113_R.jpg

114_R.jpg

これでエンジンは完成です。

117_R.jpg

エンジンを搭載する前にステップホルダーにラバーダンパーが付いていたので、先に交換作業をしないと後では出来ない構造なので、この時点で交換します。

この部品はオーナーがイギリスからリプロパーツを見付けて取り寄せてもらいました。どの国にもマニアな人達がいるのですね。

しかしよく見てみると、削らなければ取り付けられなかったのでリューターで削りながら合わせました。

海外のリプロパーツは、すんなり付くと思ってはいけませんね。

001_R_20130620210701.jpg

002_R_20130620210710.jpg

そして先ほどの完成したエンジンを載せた後、2サイクルオイルホースもカチカチに硬化していたので、タンクからポンプ、ポンプからキャブへのホースをすべて交換しました。

2サイクルエンジンのオイルホースは必ずエアー抜きをしないと途中に空気が噛んでしまい、オイルが途切れてしまうのでこの作業は慎重にやります。

127_R.jpg



次回はキャブレターのオーバーホールから載せていきます。


スポンサーサイト


06-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

05   07

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1387位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
633位
アクセスランキングを見る>>