Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: メンテナンス  

RD250 腰上オーバーホール

先日TXシリーズを所有しているオーナーさんが新しくRD250を手に入れたのですが、調子が悪いとの事で早速うちに入庫されました。

かろうじてエンジンは掛かったので試乗してみた所、発進時の力が全く無くエンジンをかなり回しながらやっと前に進む状態で、感覚的には1.2気筒分位の力しか無い状態でした。

002_R_20130328193103.jpg

早速マフラーを外し、排気ポートからピストンを覗いてみた所、2番ピストンががっちり焼き付いていました。。ちーん

これで動いていたのが不思議な位です。

原因も分かったので、早速分解していきます。

004_R_20130328193122.jpg
005_R_20130328193129.jpg

シリンダースタットが錆びて固着しかけていた為中々抜けませんでした。

008_R_20130328193153.jpg
右と左のピストンを見ると一目瞭然です。

ピストンもコンロッドから外し、一次圧縮が抜けていないかどうかケース内にガソリンを並々に入れて点検します。

007_R_20130328193145.jpg

クランクシールは抜けていないようだったので、ほっとしました。

同時にコンロッドの状態も点検しておきます。

シリンダースタッドがサビサビで、とても再利用出来るような状態では無かったので、先に抜いておこうと思った所、嫌な予感はしていましたが、8本中2本、折れてしまいました。

何とか搭載状態で抜こうと折れたスタッドの先端にボルトを溶接して抜こうとしたのですが、かなり根元から折れてしまっているので溶接をしても表面しか付かない状態で、あっさり取れてしまいました。

フレームにぶつかり、電動工具がまっすぐボルトに当たらないので、結局エンジンを降ろしての作業になりました。(やっぱりこうなるんですよね)

001_R_20130328193225.jpg

クランクケース内に切子が入らないように完全に養生をします。

そしてドリルで少しずつ穴を拡大してボルトを除去していきます。

最終的にヘリサートタップが入る穴まで拡大し、コイルを挿入します。

002_R_20130328193232.jpg

説明する分には簡単なのですが、センターズレやシリンダーデッキ面に対して垂直になるように穴を開けるのはかなり難しいです。ここは2人で縦と横を見ながら慎重に開けていきます。

003_R_20130328193239.jpg

新しいスタッドボルトを入れ、ズレが無い事を確認し完成です。

エンジンをまた戻して、作業を再開します。



そして最近のもう一台、うちではあまり無いビックスクーターの修理です。これもまた調子が悪いという事で引き上げてきた車両です。

004_R_20130328193246.jpg
もうかわいそうな状態です。

原因はコンロッドの大端部のメタルが無くなりガタガタになっていました。

このバイクはコンロッド単体で部品設定が無いので、クランクシャフトassyでの交換が必要になる為どのように修理をしていくかオーナーと相談をして決めていきます。

005_R_20130328193253.jpg

最近うちに入庫されるバイクは重症患者ばかりです。

スポンサーサイト


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
594位
アクセスランキングを見る>>