Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: カスタム  

Z1ヨシムラST-1 其の3

準備もすべて整ったので、組み立てに入ります。

まずはコンロッドにピストンをセットし、シリンダーを入れます。

005_R_20130223201053.jpg

そしてシリンダーヘッドのバルブを組みます。

バルブ擦り合わせは先に終わっているので元通りにしていきます。

今回はインナーシムにする為にリテーナー、タペットキャップなども純正流用しました。

バルブスプリングも強化するという為ではなく、レスポンスを良くする目的のスプリングを使用しました。

スプリングも上下があるので分からなくならないよう赤いマーカーを塗っておきます。


002_R_20130223201051.jpg
003_R_20130223201052.jpg

そしてシリンダーヘッドを載せ、ヘッドナットを3段階に分け規定トルクを掛けます。

006_R_20130223201135.jpg

カムシャフトを載せ、トップアイドラー、テンショナーを付けバルブクリアランスの調整に入ります。


載せる段階で分解前のクリアランスに対して差し引いたシムを選定して組んでいるのですが、やはり組んでみると微妙な違いが出るので、もう一度カムシャフトを外しシムの入れ替えをします。

ここはヨシムラの指定するクリアランスの中間を取り、インテーク・エキゾースト共に0.20mmに合わせます。

007_R_20130223201148.jpg

バルブクリアランスの調整も終わったので、ここからバルタイの調整に入ります。

クランクシャフトにタイミングホイールをセットし、正確なピストンの上死点を合わせます。

ピストンが下がり始めるまでに数度のズレが生じるので(車種によって異なりますが)何度も回転させ、位置を確認します。

008_R_20130223201220.jpg
009_R_20130223201259.jpg

そしてダイヤルゲージをタペットキャップにセットし、バルタイがずれているかどうかを確認します。

010_R_20130223201311.jpg
011_R_20130223201405.jpg

カムスプロケットが長穴の中心に合わせてある状態で測ってみたらインテークが2.5度、エキゾーストが4度ずれていました。

ここからヨシムラの指定する角度に合わせる為に調整します。

方法は2種類あるのですが、私はロブセンターで見てみました。

1mmリフトでバルタイをとっても計算をすれば必ず同じ角度になります。

バルタイを取る理由は、カムシャフト本来の能力を発揮させる目的ももちろんですが、始動性が良くなる等他にも利点があるので、純正のカムシャフトでもこの作業をする事が理想だと思います。(面研等の度合いにもよるのですが大半の車両はずれているといってもいいと思います。)

調整が終わった後カムスプロケットボルトを一本ずつ脱脂してネジロックを塗り、トルクを掛けます。

そしてボルトの側面にマーキングしておきます。

014_R_20130223201422.jpg


緩んでしまうとカムスプロケットが回転して調整した意味が無くなってしまう為、この作業は必ず行います。

ヘッドカバーも付け、エンジンが組み上がったので今回もう一つ頼まれていた純正流用のハイスロットルを組みます。

車種ごとに色々な種類があり、ワイヤーの取り付け角度が浅いものやホルダー自体に回転止めのストッパーが付いている物などがあるのでうちでは数種類のホルダーを用意し、そのバイクの使用に合ったものを選びます。

004_R_20130223201500.jpg

それともう一つ、ブレンボのレーシングマスターと同形状のレバーを使用したいとの事で、ホルダーを流用して可倒式のクラッチレバーを使用しました。

レバー比も微妙に変わって、クラッチの引きが更に軽くなりました。

BEFORE
003_R_20130223210641.jpg

AFTER
004_R_20130223210711.jpg


ワイヤーのたるみが無くなり、ハンドル回りがスッキリしました。


008_R_20130223210729.jpg


あと画像では取っていないのですが、今回シートスポンジを低反発の物に交換しました。

社外のシートを使用してあんこ抜きをかなりした事でただでさえ柔らかいスポンジが薄くなり長時間乗っていると痛くてしょうがないという事だったので、シートレザーはそのままに、中身のスポンジだけを製作してもらいました。

乗ってみての印象は、適度に硬くなってケツがめり込む事がなくなりました!(なんか下世話な説明ですね)これはおすすめです★

どんな車種でも対応出来ると思いますので気になる方はご相談下さい。


そして完成です。

010_R_20130223210744.jpg

明日の納車、お待ちしています!!

スポンサーサイト


04-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03   05

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
656位
アクセスランキングを見る>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。