Archive RSS Login

Psyclecraftersのブログ

Psyclecrafters(サイクルクラフターズ) バイクチューニング&メンテナンス専門店です。 原付バイクの修理から大型レースバイクのカスタム制作まで何でも承っております。

 
Category: カスタム  

Z1R-Ⅱ

仕入れた時はノーマルに近い状態で程度も比較的良かったのでそのまま乗る事も出来たのですがオーナー様の希望によりフレーム等の補強、レイダウンを抜きにして各部を改良していく事にしました。

まずは車体を半バラの状態にし、エンジンの腰上O/Hをしていきました。オーナー様自身初めてのZで、過剰な馬力は求めていなかったので純粋にこれから悪くなるであろう箇所、すでに消耗している箇所を中心に作業しました。

IMG_0095_R.jpg

ピストンは0.5mmO/Sを使用し、修正面研などをしています。

IMG_0110_R.jpg

アイドラ―関係はすべて純正を使用しました。Zの泣き所であるヘッドカバーガスケットもパムス製のメタルガスケットを使用してオイル漏れ対策をしました。

IMG_0112_R.jpg

オイルパンも分解し異物等が無いかを確認し洗浄しました。オイルポンプも念の為にクリアランスを見てOリングも交換しました。

IMG_0113_R.jpg

IMG_0114_R.jpg

側面のカバーもすべて分解し今後の為にガスケット類の交換をしました。クラッチも年数が経つと炭化が進み、滑りやエンジンオイルを汚しやすくしてしまう為交換しました。パルサーカバーはデッドストックの新品を使用しました。

IMG_0118_R.jpg
          光輝いています

これでエンジン部は完成です。

シャーシ部はステムのベアリングを交換しました。古い車両はほとんどのケースでベアリングが痛み、ハンドリングが不自然な物が多いのでこの作業はかなりの頻度で行っています。

IMG_0116_R.jpg

IMG_0117_R.jpg

写真で見てわかる通り、ベアリングのレースは錆びて所々陥没しています。

ブレーキはうちにストックしていた貴重な旧ロッキードの物を使用しました。古いものなのでインナーキットを新品にして取り付けました。

IMG_0134_R.jpg

後のパーツは諸々交換し完成しました!

次回へ続く

スポンサーサイト


Category: カスタム  

GPZ900R

先日お預かりしたニンジャを載せていきます。

まず今回のメインであるTMRキャブレターの交換をしました。オーナー様の希望でハイスロットルキットやハンドルスイッチを変えたくないという意向で純正のスイッチを使ってスロットルスリーブだけを交換しました。これの方が過剰に開度が狭くならずより扱いやすくなると思います。

純正の物よりロングのスロットルワイヤーが付いていたので、純正に戻し、取り回しを変更しました。

DSCF5145_R.jpg

キャッチタンクはTG中川製を使用しました。付属で付いてくるホースがよくある半透明のビニールホースだったので、それを黒の耐油ホースに変更しました。

DSCF5136_R.jpg

フューエルコックは純正の負圧式が使えるようにしました。あとガソリンタンクの裏やサイドカバーの裏にスポンジが貼るってあるのですが吹き返した時などにスポンジに引火する可能性がある為(過去にそういうバイクを見た事があります)すべて剥しました。年数が経っているため中々剥すのに時間が掛かりました。
ついでに普段掃除しないであろうガソリンタンクの裏側も綺麗に洗いました。

DSCF5134_R.jpg

DSCF5143_R.jpg

次にリヤサスのリンクの分解グリスアップをしました。交換の必要があればニードルベアリングを替えるつもりでしたがその必要は無さそうだったので、古いグリスを洗浄し、再度グリスアップしました。

DSCF5137_R.jpg

DSCF5138_R.jpg

オーリンズのリアサスなどを使用する時、純正のボルトだとナットの半分位しか締められなくなり、当然ロックナットも機能しなくなる為危険なので、ボルトも交換しました。ただこの箇所は荷重がものすごく掛かる場所なので安易にステンレスボルト等に変更してしまうと最悪の場合折れる事もあるので、純正のボルト同等の物を使用しました。これでしっかりロックナットが掛かるようになりました。

DSCF5139_R.jpg

DSCF5140_R.jpg

あとは前後スプロケットとドライブチェーンも交換しました。

DSCF5141_R.jpg

セッティングも終わり、洗車をして水を飛ばしていた所、突然ファンが回りだし止まらなくなってしまいました。エンジンを掛けていないので当然冷えている状態でです。調べていくとアッパーカウル左脇にあるファンリレーが逆さまに付いており、油温計の電源をファンリレーの電源から取ってあり配線が届かなくなったのか、逆に付けてしまっていたようです。最後にリレーを交換して完成となりました。納車前にこの症状が出てくれて良かったです。

DSCF5146_R.jpg

無事完成です!

DSCF5144_R.jpg


Category: カスタム  

Z1-RⅡ 改良

昔からの友達のシュウヘイのZ1-Rを載せていきます。

昨年納車された車両で、最初にうちに来た時エンジンからの打音がひどく、もしかしたらクランクがダメになっているのかと思っていた所、オイルフィルターのスプリングとワッシャーが入っておらず、フィルターも社外品の物で、中央のゴムが緩く、中でカタカタ上下にぶつかって打音として出ていたようです。通常入れ忘れる事は無いと思うので、オイルフィルターの組み立てミスでこんな音が出る事にはじめは驚きました。

納車されて3か月程経った時、クラッチレリーズを分解グリスアップをしようとスプロケットカバーを開けて見た所、ドライブスプロケットのロックワッシャーが無く、カバー内にナットが脱落していたのを見た時は、少しゾッとしました。

そんな事があり、やっと最近修理から自分の思うカタチにする余裕が出来てきたのだと思います。(まだまだ気になる所はありますが)



前回はギアチェンジアームの修理から始めました。購入当時に確認した時にペダル取付け部のボルトがM6からM8に拡大されており、最近それが原因で最終的にスプラインの溝が痩せてシフト出来ない状態になってしまいました。

冗談で溶接してしまうかと言ってみたものの、後々修理で自分が困るので交換する事にしました。

DSCF3131_R_20160324143518eb2.jpg

アウトプットシャフトのオイルシールからも大分滲んでいたので綺麗に洗浄して交換しました。

DSCF3132_R_201603241435192b9.jpg

DSCF3133_R_201603241435219f5.jpg

組み付けが終わって、彼の念願だったモリワキバックステップに交換しました。

DSCF3137_R.jpg

そして更にモリワキカヤバフォークに交換しました。車高をスタンダードの状態に合わせる為、突き出しを多めに取っておきます。
将来的に18インチになっても車高が変化しない位余裕があるので、良い部品だと思います。

元々レーステックという減衰バルブが組まれていたのでとりあえず前オーナーの設定にしておいて様子をみる事にします。

DSCF3139_R_20160324143719b85.jpg

モリワキモリワキと来てそして更に!モリワキのキャリパーサポートに交換しました。半年程前にキャリパーをロッキードに交換しており、その時にブレーキホースを制作していたので、今回はサポートのみの交換でした。

DSCF3136_R.jpg

とりあえずは完成です。

DSCF3140_R_201603241437210ac.jpg

この後また新たにトラブルが・・・


Category: カスタム  

Z1 改良

よっちゃんが春先あたりに念願のZ1を購入し、今まで手を入れた所を載せていきます。

購入時はマフラーのみショート管が付いていて、全体的に大変調子の良いバイクだったので、大掛かりな修理箇所もなく、すぐに改造を楽しめる状態でした。

まずはフロントブレーキをダブルディスクにしたいという事でキャリパーは純正を使用し、マスターをラジアルポンプにしました。

ブレーキホースは当時のような雰囲気で作って欲しいという事で、ブレーキのフィッティングにこだわって作ってみました。

純正の取付けボルトに穴を開けてワイヤリングもしました。

DSCF3076_R.jpg

マスターシリンダーはそのまま付けるのは面白くないのでマスターボディをウエットブラストしてもらい、タンクは一体型の物を使用しました。

DSCF3077_R.jpg

次はRサスをオーリンズに交換しました。単純にサスだけを変えることが出来ないので、まずはドライブチェーンを530に変更しました。

DSCF3085.jpg

車高調整のナットを本人の強い希望で十円玉みたいな色(真鍮のやれた感じ)にして欲しいとの事で再アルマイトをしてもらいました。

DSCF3081_R.jpg


DSCF3087.jpg

写真のように、530の細いチェーンを使用しても、意外とチェーンとサスペンションのクリアランスがギリギリなんです。


Rサスを変更した際、タンデムブリップバーが付かなくなってしまったのですが、本人はこれを外すのが嫌だというので加工してなんとか付ける事にしました。ストロークした時の事も考慮して、出来るだけ逃げを多く取るようにしました。

DSCF3079_R.jpg


メンテナンスの事も考え、Rアクスルシャフトを中空の物に交換しました。じゃあどうせならとピボットも同じように中空(クロモリ)のシャフトにする事にしました。

DSCF3082.jpg

ステップも本人の強い希望でPAMSさんのバックポジションキットを取り付けました。

DSCF3084.jpg

納車された時からハンドルスイッチのポジションにしてもメーター照明などが付かず機能していなかったので、分解して調べてみた所、接触面が陥没して導通しなくなっていました。ノーマルのイイ感じにすすけたスイッチを変えたくないという本人の強い希望で笑修理する事にしました。陥没した所にはんだを盛り、面一になるまで削ります。

これで無事修理する事が出来ました。

DSCF3093_201511171157365a7.jpg

DSCF3094.jpg

これでひとまず完成です。

DSCF3091.jpg

購入してすぐは、嬉しすぎて眠くもならないし腹も減らないと言っていたので少し心配していましたが、それほど人を虜にするバイクも中々無いですよね。念願のZを手に入れたよっちゃんはとても生き生きしていて見てる方も嬉しくなります。

テールカウルの色が抜けた感じがお気に入りなようです。

DSCF3088.jpg


Category: カスタム  

モトガジェットメーター

かなり久しぶりの更新になります。

お付き合いくだされば嬉しいです。


今回は以前自分のバイクに取り付けたメーターを載せたいと思います。

足回りを変更した際にメーターギアBOXが取付けられなくなったので、良い機会だと思い、以前から気になっていたモトガジェットのメーターを付ける事にしました。

純正のメーターケースは生かしたかったので、モトスコープミニというタイプの物を選びました。

DSCF2784_R.jpg

before
DSCF2775_R.jpg

after
DSCF2780_R.jpg
オンにした瞬間、motogadgetとLEDの文字が流れてくる感じがカッコイイです。

DSCF2781_R.jpg

スピードメーター側のケースの中に入れたかったので、メーターを分解して文字盤をくり抜き裏側に取付けステーを付けました。

プッシュボタンもメーターケースに取付け、違和感の無いようにしました。こんなに小さいのに機能が充実していてスピードメーターはもちろんのこと、タコメーター、トリップ、オドメーター、走行時間等も見ることが出来ます。

DSCF2783_R.jpg

センサーは曲げパイプでステーを作り、整備をする時も邪魔にならないようにしました。

このように色々な車種に取付け可能なので、気になった方はご相談下さい。


08-2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

07   09

全記事表示リンク
検索フォーム
プロフィール

サイクルクラフターズ

Author:サイクルクラフターズ
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
594位
アクセスランキングを見る>>